玩具少女 無限絶頂に哭く【餅犬製作所】ネタバレと無料試し読み【スマシた女が何度も絶頂させられ…】

同人サークル・餅犬製作所さんの『玩具少女 無限絶頂に哭く』をご紹介します。

ボリューム100ページ!そのうち82ページがエロシーンという実用性MAXの大作ですw

餅犬製作所さんの『玩具少女 無限絶頂に哭く』はFANZAで読むことができます。

無料試し読みもできますので、ぜひ読んでみてください。

▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽

玩具少女 無限絶頂に哭く【餅犬製作所 】ネタバレ

一般社会ではお金で買えるものが「権力」と呼ばれますが、お金を超越した権力を持った「権力者」の息子(男子)と、親の借金のカタなどいろんな負い目を持った少女たち、その二種類のカテゴリーのみの生徒たちが集められたとある特殊な学園。

負い目を持った女子生徒しか集められていないため、卓越した権力を持った家系の子息である男子生徒には一切逆らえない。その学園では、女子生徒は絶対に、男子生徒の言うことに逆らえない状況。

男子生徒 > 女子生徒

圧倒的な学園カーストが存在する構造となっている学園内。女子生徒は自然と男子生徒の玩具として生活しなければならない状況となっているのです。

なので、教室内や廊下の至るところで男子生徒の性的要求を満たす姿が当たり前になっています。

想像するだけでうらやましくなってきますね♪

ゆきのは、ちょっと他の女子生徒とは違っていて、「自分の体はただの道具」「その体を道具にして権力者に取り入りたい」と考え、この学園に志願して入学してきた女の子です。

普段は男子生徒からの要求を、すました顔して淡々とこなして日々を過ごしていました。

今日も別の男子生徒たちから声をかけられたゆきのは、いつもと同じように淡々と要求をこなすはずでした。。。

ところが、今日の男子生徒たちはいつもの奴らとはちょっと違います。

ゆきのがイッてら、普通の生徒ならしばらく休憩させてくれたり、それで終わりだったりするのですが、今日の男子生徒たちは、そのままクリトリスを刺激し続けるのです。それも、指だけではなく道具を使ったり、手枷を使ってゆきのの動きを不自由にしたり。。。

絶え間なく押し寄せる快楽の波に、いつもはスマシているゆきのなのですが。。。

玩具少女 無限絶頂に哭く【餅犬製作所 】スマシた女が何度も絶頂させられ…

餅犬製作所さんの『玩具少女 無限絶頂に哭く』はFANZAで読むことができます。

無料試し読みもできますので、ぜひ読んでみてください。

▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽